東福岡たぬま動物病院|福岡市/糟屋郡/志免町犬/猫/ウサギ/鳥類/ハムスター/フェレット

電話:092-937-3222

TOPTOP診療案内診療案内診療科目診療科目手術実績手術実績施設紹介施設紹介診断カレンダー診断カレンダースタッフ紹介スタッフ紹介飼い主様の声飼い主様の声お問い合わせお問い合わせ

コラム集|東福岡たぬま動物病院

コラム

猫のフィラリア症について


”フィラリア症”と聞くと、犬が感染する病気というイメージをお持ちの方が多いかと思います。
ご存知の通り、フィラリアという寄生虫は蚊を媒介して感染し、犬はもちろん猫にも感染する寄生虫です。

犬はフィラリアに対しての抵抗力が弱く、感染し、そのままにしていると致死率が高くなります。けれども猫の場合は、フィラリアに対する抵抗力が犬よりも強いため、感染した場合もそのほとんどの虫が成長段階で死んでしまい目立った症状が見られることもありません。


しかし、発症すると「呼吸困難」や「咳」「体重減少」「食欲不振」などの症状がみられます。
悪化すると、稀に突然死を招くことがあります。猫のフィラリア症は、他の病気の症状と似ていたり確定診断が難しいため見逃されているるケースが多いと考えられています!

尚、ネコのフィラリア症に対する治療は一般的に対症療法のみで、わんちゃん達に比べ、手術でフィラリアを取り除いたり、お薬で駆除することが困難とされています。つまり、ネコのフィラリア症は、予防がとても重要になります!


では、ネコのフィラリア症はどのようにして予防をすればよいのでしょうか?


猫のフィラリアの予防薬はスポットタイプのお薬が一般的です。

当院でも取り扱っているこの予防薬は、首筋に垂らすだけで1ヶ月の効果があり、フィラリアの他にノミの成虫・幼虫・卵、ミミヒゼンダニ、ネコ回虫等も一緒に予防が可能となっております。

更にもう1つの特徴として「投与2時間後」にはシャンプーも可能となっております。
これを機に皆様も予防の大切さについて、改めて考えてみましょう☆

スポット剤の詳細については、スタッフまでお気軽にお尋ねください♪


トリミング|グルーミングガーデントリミング|グルーミングガーデン





小型犬・猫の橈尺骨骨折小型犬・猫の橈尺骨骨折

歯科診療歯科診療

ペットホテルペットホテル

鳥の診療鳥の診療

ワクチン接種ワクチン接種

ペット検診ペット検診

求人情報/獣医師・動物看護士・トリマーの募集



スタッフコラム集

パピー教室

トリミング掲示板

LINE@はじめました



友だち追加数


QRコード