東福岡たぬま動物病院|福岡市/糟屋郡/志免町犬/猫/ウサギ/鳥類/ハムスター/フェレット

電話:092-937-3222

TOPTOP診療案内診療案内診療科目診療科目手術実績手術実績施設紹介施設紹介診断カレンダー診断カレンダースタッフ紹介スタッフ紹介飼い主様の声飼い主様の声お問い合わせお問い合わせ

コラム集|東福岡たぬま動物病院

コラム

子猫を保護した時について


猫を保護したら・・・!

猫の発情・出産がピークを迎え先月~今月にかけて子猫ちゃんを保護された、という方がたくさんいらっしゃいました。そこで今回は子猫を保護した場合どうすればよいのかお話しさせていただきます。

まず子猫を保護し、その猫を飼われるのか、里親さんを見つけるのかを決めましょう!


当院でおすすめさせて頂いている予防内容は・・・

・感染症などの病気の確認
・便に寄生虫がいないかの確認
・混合ワクチンの接種
・ノミ・ダニ・フィラリアの予防

等となっています。


また、将来交配の予定がないのであれば、避妊・去勢等の手術も病気の予防の一つとして強くオススメしております!

感染症に関しては、潜伏期間(病原体に感染してから、体に症状が出るまでの期間)を持つものもあり、その場合感染していたとしても検査に反応がでることがありません。ですので、子猫ちゃんなどを拾った場合に、潜伏期間のある感染病の検査をするには1カ月ほど時間をあけてして頂くようにお話しております!

もちろん、この期間中子猫ちゃんと他のねこちゃんを接近させてはいけません!
発症していなくても、ウイルスを持っている限り他の子にも感染してしまうことあるからです。

また、猫ちゃんが排便をしたら便に虫がいないか一度調べておくことをおすすめします。
中には人に感染してしまう寄生虫もいますので、しっかり検査をして虫がいる場合は早めに駆虫をしておきましょう☆

ワクチンなどについては種類によって打てる月齢が異なって参りますので、接種希望の場合はかかりつけの先生に相談しましょう!

里親に出される方は、その子の健康状態、や治療歴がある場合はそれをしっかりと情報に残したうえで里親募集をしましょう!

当院でも里親さんに出される方のポスターを張り出すことができますので、ご希望の方はお気軽にスタッフまでお知らせください♪


トリミング|グルーミングガーデントリミング|グルーミングガーデン





小型犬・猫の橈尺骨骨折小型犬・猫の橈尺骨骨折

歯科診療歯科診療

ペットホテルペットホテル

鳥の診療鳥の診療

ワクチン接種ワクチン接種

ペット検診ペット検診

求人情報/獣医師・動物看護士・トリマーの募集



スタッフコラム集

パピー教室

トリミング掲示板

LINE@はじめました



友だち追加数


QRコード