東福岡たぬま動物病院|福岡市/糟屋郡/志免町犬/猫/ウサギ/鳥類/ハムスター/フェレット

電話:092-937-3222

TOPTOP診療案内診療案内診療科目診療科目手術実績手術実績施設紹介施設紹介診断カレンダー診断カレンダースタッフ紹介スタッフ紹介飼い主様の声飼い主様の声お問い合わせお問い合わせ

コラム集|東福岡たぬま動物病院

コラム

「夏毛」と「冬毛」について


日が長くなり、暖かくなり始めると共にわんちゃん達の毛もどんどん抜け変わってきますよね。
これにはわんちゃん達の被毛のしくみが関係しています。
今回はわんちゃんの被毛についてお話しますね。まず、「夏毛」と「冬毛」についてご説明いたします。

ご存知の方も多いと思うのですがわんちゃん達には「換毛期」というものがあります。
これには犬種差、個体差がある為全犬種にこの換毛期があるわけではありません。
換毛期には日照時間と気温が関係しています。

冬から春にかけて日が長くなり気温も高くなることで新しい毛が古い毛を押し出して脱毛をさせていきます。春に抜け毛が多いのはこのためです。
また、夏ごろになると密度が少ない、粗めの毛が生えます。これが「夏毛」です。
そして夏から秋にかけては、日が短く、気温も低くなってきます。すると夏毛がぬけ、夏毛の下からは「アンダーコート」という粗めの夏毛に比べてふわふわとしている冬毛が生えてくるのです。

わんちゃんの毛は一定の周期で日々抜け変わりますが、冬の間は新しい毛が生えず、古い毛も抜けないため体にたくさん蓄えられた毛は冬の間防寒着としての役割を果たします。

換毛気の注意点としては、抜けた毛が絡まってしまうことによりそこに汚れが溜まり、皮膚が蒸れてしまうことがあります。そうすることで皮膚は細菌感染を起こしやすくなります。
換毛気はこまめにブラッシングをして抜け毛を取り除いてあげましょう!

「毛」と言っても犬種によってその種類は様々ですね。
基本的にスムースコート、ショートコート、ロングコート、ワイヤーコート、カーリーコートという5種類に分けられます。


スムースコート
ミニチュアピンシャーやフレンチブルドックなどのツルツルとした毛質の子たちからジャックラッセルテリア・ラブラドールレトリーバーなどのある程度毛の長さのある犬種のことを言います。
こまめにカットなどをする必要はありませんが、毛が抜ける量が多いためこまめなブラッシングをしてあげたり洋服を着せてあげると良いでしょう。

ショートコート
柴犬などの日本犬やウェルシュ・コーギー、シベリアン・ハスキーなど少し硬めでスムースコートよりはボリュームがある毛のことを言います。
この犬種も抜け毛が多く、スムースコートに比べ毛が密に生えているため換毛期には相当な毛が抜けます。このタイプの毛質には皮膚病予防の為にもブラッシングがかかせません。

ロングコート
マルチーズやヨークシャテリア・ゴールデンレトリーバー、ポメラニアンそしてアフガンハウンドなどを言います。毛質は直毛からウェーブのかかっているものまで様々です。特にマルチーズやヨークシャテリアなどの絹のような毛をシルキーコートと言います。お手入れを怠ると毛玉などが出来やすいため、毎日のブラッシングが必要になります。

ワイヤーコート
ミニチュア・シュナウザーやテリア犬種に多いパリパリとした硬い毛質をワイヤーコートと言います。この毛質を保つ為にはお手入れが欠かせないと言われています。

カーリーコート
トイプードルなどのくるくるとした毛質の犬種のことをいいます。抜け毛は少なく柔らかい毛質ですが、毛が絡まりやすい為この犬種もお手入れが欠かせません。


この通り犬種により被毛の種類は様々ですがどの犬種にもブラッシングなどのお手入れは必要になります。ブラッシングをしてあげることで血行促進や毛並みが綺麗になる効果もあり、また毛を掻き分けたり皮膚に触れたりするのでできものやリンパの腫れなどわんちゃんの些細な変化に気づくこともあります。

なによりわんちゃんとコミュニケーションもとれるのでオススメです☆


トリミング|グルーミングガーデントリミング|グルーミングガーデン





小型犬・猫の橈尺骨骨折小型犬・猫の橈尺骨骨折

歯科診療歯科診療

ペットホテルペットホテル

鳥の診療鳥の診療

ワクチン接種ワクチン接種

ペット検診ペット検診

求人情報/獣医師・動物看護士・トリマーの募集



スタッフコラム集

パピー教室

トリミング掲示板

LINE@はじめました



友だち追加数


QRコード